前期フロイトは心の構造を意識・無意識・前意識に区別し、無意識は自分の意志(意思)では意識化できないものの、夢や精神分析によって解明されると考えた。
また、無意識は自我によってコントロールできない快感原則に従うという。
関連する用語にフロイトがある。