家庭裁判所調査官

家裁調査官補として採用されると、各地の家庭裁判所と同時に家裁調査官研修所への入所の指名を受けます。
そして、約2年間の研修を修了するとそこで正式に家裁調査官に任命され、各地の家庭裁判所にて家裁調査官としての仕事をすることになります。

その後は概ね3〜4年を目安に全国レベルでの転勤があり、その間も専門性の維持向上のために各種の研修を受けつつ、家事事件(親子・夫婦、その他親族に関する事件)や少年事件を扱っていくことになります。

勉強のためのリンク集