そして、人間は一般にこのような不協和を低減するように行動するというのがこの理論の要諦である。