1911年に袂を分かち「個人心理学」を立ち上げる。
アドラーは、幼児期からの「劣等感」の役割を中心に理論を展開し、人は基本的劣等感を補償しようとして優越感を抱くとした。