エーリッヒ・フロムがナチスドイツ下の人々の心理を分析し指摘した「権威主義的パーソナリティ」について研究を進め、ファシズム尺度を作る。