精神保健福祉士

収容保護に機軸が置かれた過去の精神医療、精神保健福祉の経緯を踏まえ、精神保健法による任意入院制度の導入や、障害者基本法の制定、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の制定など、開放的処遇や社会復帰・社会参加への流れが整い始めた中、1997年に精神保健福祉士法が制定され誕生した国家資格。

勉強のためのリンク集