効果の法則とは、「快や満足をもたらす反応はその後の生起確率が高まり、不快や不満足をもたらす反応はその後の生起確率が低下する」というもの。
ラットの迷路学習や弁別訓練などが有名で、スキナーが考案したスキナー箱を用いた実験が典型例。