無意識的衝動源泉としてのイド(=エス)に対して、良心や、規制としての機能を自我に対して伝えるもの。
関連用語に、エス自我がある。