独自の認知発達の考えを発表し、発達心理学者として多大な影響を与えた。
ピアジェの理論は、外的事象を象徴化する能力、内的に表象する能力の段階的発達に関する理論として理解でき、理論の具体的な内容は、認知発達段階説における「感覚運動的段階」「前操作の段階」「具体的操作の段階」「形式的操作」などから窺い知れる。