フロイトが1911年の論文で分析を試みた症例のこと。
精神分析理論の確立に重要な役割を果たした。
シュレーバーとは、パラノイアに罹患した高等控訴院の裁判官。
後に、ラカンによってもこの症例が取り上げられた。